ブログ

HOME > 「チューリップ」の品種紹介
カテゴリー: 品種紹介

「チューリップ」の品種紹介

2021年2月6日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「チューリップ」です。

チューリップ

子供の頃、チューリップの球根をプランターに植えた経験のある方も多いのではないでしょうか。咲いた~咲いた~チューリップの花が~♪で、お馴染みのあの歌では「赤・白・黄色」が出てきますよね。チューリップもとても種類が豊富で、様々な色と形があります。

ハッピージェネレーションパーロット

チューリップ ハッピージェネレーションパロット

「ハッピージェネレーションパーロット」パロット咲きの新しい品種です!パロット咲きは、花びらの周囲に切れ込みが入ったりカールしたりしています。淡い色をベースに赤のラインが入って、可愛いらしさと華やかさを絶妙に兼ね備えていますね。

マリアージュ

チューリップ マリアージュ

「マリアージュ」淡いピンクの八重咲きです。とても優しい印象ですね。結婚のお祝いに贈りたい名前です。

プリンスオブマーベル

チューリップ プリンスオブマーベル

「プリンスオブマーベル」つぼみだと分かりづらいですが、こちらも八重咲きです!絵に描いたようなきれいな赤色のチューリップですね。

アリソンブラッドリー

チューリップ アリソンブラッドリー

「アリソンブラッドリー」こんなシックなチューリップもあります!色はボルドーやワインレッドという表現があっているかもしれません。ぽてっとした形が可愛らしさもある八重咲きです。

パシフィックパール

チューリップ パシフィックパール

「パシフィックパール」花びらの先端をご覧ください!細かい切れ込みが入っています。こちらはフリンジ咲きといいます。フリフリは可愛らしいですが、色は渋めで大人っぽいところが魅力的ですね。

チューリップは花びらがパカっと開いた状態もとっても可愛らしいんですよ。温度で開きます。今だけのお花なので、チューリップのみで束ねた花束のご注文も多くいただいています。店内の一番奥にたくさん並んでいますので、ぜひご覧くださいね。


「ラナンキュラス」の品種紹介-2-

2021年2月2日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「ラナンキュラス」(Part.2)です。

ラナンキュラス

早くも2回目のラナンキュラスです。毎回たくさんの品種を入荷していますので、シーズンの間にたっぷりとご紹介したいと思います。今回は変わった咲き方のラナンキュラスもありますよ。

オルレアン

ラナンキュラス オルレアン

「オルレアン」やさしいクリームピンクで、濃いピンクの斑点があるのが特徴的です。ピンクの出方が1輪ずつ異なるのもたまらないです。

エムピュアピンク/ラミア/レト

ラナンキュラス ピンク系

左から「エムピュアピンク/ラミア/レト」ザ・ピンクのラナンキュラスを3種類。絶妙なグラデーションができました。ピンクの濃淡だけで束ねるブーケもおすすめです。

シャルロットオレンジ

ラナンキュラス シャルロットオレンジ

「シャルロットオレンジ」なんとこちらは変わり咲きのラナンキュラス!アネモネ咲きと呼ばれるそうです。シャルロットシリーズのオレンジ色で、他にピンクなどがあります。

ラックス・カルナ

ラナンキュラス ラックス・カルナ

「ラックス・カルナ」花びらに光沢がありキラキラとしているラックスシリーズ。スプレー咲きなので1本でたくさんの花を楽しめます。カラーバリエーションも豊富です。

ラナンキュラスは3月頃までがピークです。つぼみから少しずつ開いて大きくなっていくお花を楽しんでくださいね。茎が柔らかいので、お水は浅めにするのがポイントです。

>>前回のラナンキュラスの紹介記事はこちら


「バラ」の品種紹介 -3-

2021年1月28日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「バラ」です。

バラ

バラといえば春や秋のイメージがあるかもしれませんが、切花は1年中たくさんの種類を楽しむことができます!冬ももちろん、いろいろな品種をお店に入荷しています。珍しい品種もたくさんありますよ。今回もどんどんご紹介していきます。

エタン・ドネ

バラ エタン・ドネ

「エタン・ドネ」うっとりするようなピンクです。透明感がありますね。この大小の花びらが複雑に重なり合う形は、ロゼット咲きといいいます。

ピタハヤ

バラ ピタハヤ

「ピタハヤ」ピンクにふちがグリーンの花びら。なんだかエキゾチックですね。剣弁高芯咲きという、花びらが巻いて中心が高くなる花形です。

ポムグラニット

バラ ポムグラニット

「ポムグラニット」ディープピンクのカップ咲きです。巻きがとっても多いですね。ポムグラニットは英語でザクロという意味なのですが、その色から名付けられたのでしょうか。

クレイジートゥ

バラ クレイジートゥ

「クレイジートゥ」淡いピンクと濃いピンクの絞り模様が特徴的です。まさにクレイジー!

アプリコットファンデーション

バラ アプリコットファンデーション

「アプリコットファンデーション」淡いアプリコット色でとても柔らかい印象です。丸みのあるカップ咲きです。

カーマインクラシック

バラ カーマインクラシック

「カーマインクラシック」深みのある濃いピンクでインパクトがあります。この写真だと少し分かりづらいかもしれませんが、ロゼット咲きです。

生産者の方々の育種により、素敵な品種がどんどん登場しています。日本は世界一多用なバラが手に入る国だそうです!これは、バラを楽しむしかありませんね。


「スイートピー」の品種紹介-1-

2021年1月22日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「スイートピー」です。

スイートピー

早春の店内のアイドル的存在。冬にはもう店頭に並ぶのですが、スイートピーが入荷し始めると「春が来た!」と思わずにはいられません。茎にふりふりとした花がいくつも並びます。軽やかで繊細な花びらは、まるで蝶々のよう。そして、なんといっても甘い香りが魅力です!スイートピーを見つけたら、まず香ってみてくださいね。

アンティーク

スイトピー アンティーク

「アンティーク」スモーキーなカラーが素敵。パープルのようなブラウンのような色合いが絶妙ですね。シックにもロマンティックにも活躍しそうです。

恋式部

スイトピー 恋式部

「恋式部」宮崎県オリジナルのスイートピー、式部シリーズです。このホワイトとピンクの複色に和を感じますね。他に「式部」「紅式部」という複色の品種があり『式部三姉妹』と呼ばれます。恋式部は三女だそうです。

青式部

スイトピー 青式部

「青式部」こちらは上記で紹介した式部シリーズの新しい品種です。1本で紫の濃淡が楽しめる魅力的な色合い。色合いが三姉妹の「式部」と似ているのですが、式部よりも花びらが青いそうです。

チョコ

スイトピー チョコ

「チョコ」きれいに茶色に染まった、まさにチョコレートなスイートピーです。スイートピーはパステルカラーのイメージが強いかもしれませんが、深い色も素敵ですね。

サクラ

スイトピー サクラ

「サクラ」かわいいの一言。これこそ春を感じる色ですね。門出の贈りものに、これだけを束ねた花束も素敵だと思います。

スイートピーの色、品種はとても多いです。黄色やオレンジ系の染色もあります。またご紹介しますので、お楽しみに。


「ラナンキュラス」の品種紹介-1-

2021年1月21日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「ラナンキュラス」です。

ラナンキュラス

早春の花といえば「ラナンキュラス!」と言っても過言ではないほど、大人気の花です。色のバリエーションが豊富なのはもちろん、花形も多種多様。主流は八重咲ですが、一重咲きや変わり咲き等もあります。この時期はショップに必ず入荷しています。最初は小ぶりでも、徐々に開花してボリュームアップします!

エムゴールド

ラナンキュラス エムゴールド

「エムゴールド」オレンジ寄りの濃い黄色が眩しいです。“エム”と名前がつくエムシリーズは、この他にもたくさんの色があります。

オンフルール

ラナンキュラス オンフルール

「オンフルール」花びら一枚一枚、透き通るようなオレンジのグラデーションが美しいです。中心部分はグリーンがかっています。

ジロンド

ラナンキュラス ジロンド

「ジロンド」これはびっくりする方も多いのでは?フリフリのグリーンが中心に見えていますね。開花が進むと、このグリーンの部分がもっと出てきて変化が楽しめます。

テーセラ

ラナンキュラス テーセラ

「テーセラ」ピンクにオレンジがかったような絶妙な配色。花びらの重なりはまるでバラみたいですね。

セナンク

ラナンキュラス セナンク

「セナンク」シックな色合いが美しいです。かわいいだけじゃなく、大人な雰囲気もラナンキュラスにお任せです。

1種類だけ飾っても素敵ですし、数種類を合わせると更に春めきます。繊細そうな花びらですが、花持ちが良いのも人気の秘密。ぜひお好みのタイプを見つけてください。


「ケイトウ」の品種紹介 -2-

2020年10月24日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「ケイトウ」(Part.2)です。

ケイトウ

秋の花といえば、ケイトウ。先日Instagramにて、ケイトウのみで作った真っ赤なリースをご紹介したところ、大変ご好評いただきました。リース型に花をびっしりと敷き詰めると、発色の良さが際立ちインパクト大です。
ケイトウはカラーバリエーションがとにかく豊富なので、この季節、アレンジメントやブーケで大活躍しています。ぜひ当店のInstagramの写真でもケイトウを探してみてくださいね。これも、それも、あれも!?というくらい、いろんなケイトウがいろんなところに登場しています。

>>COUNTRY HARVESTのInstagramはこちら

アンティークリボン

ケイトウ アンティークリボン

「アンティークリボン」アンティークなピンクは、大人っぽくもあり可愛くもあり、とにかくおしゃれです。

セピアフリル

ケイトウ セピアフリル

「セピアフリル」セピア色の思い出、のように昔を懐かしむようなノスタルジックなイメージがします。色のグラデーションが綺麗ですね。

ブライトピンクパープル

ケイトウ ブライトピンクパープル

「ブライトピンクパープル」ケイトウといえば、なんといってもこの鮮やかさ。青みがかったピンクに深みも感じます。

フルーツカクテル

ケイトウ フルーツカクテル

「フルーツカクテル」エネルギッシュでジューシーで、でもどこか落ち着きを感じる色彩です。ネーミングのセンスに脱帽です。

セルウェイホワイト

ケイトウ セルウェイホワイト

「セルウェイホワイト」こちらもケイトウの仲間です。柔らかくてフサフサした小ぶりの花。野の花のような素朴さが魅力です。

セルウェイレモン

ケイトウ セルウェイレモン

「セルウェイレモン」色違いで、発色の良いイエロー。秋の豊穣を思わせるような輝かしい色ですね。

秋を感じたい!!という方は、ぜひケイトウを飾ってみてくださいね。ケイトウの質感や色合いが季節を運んで来てくれます。

>>前回のケイトウの記事はこちら


「実もの」の紹介-1-

2020年10月13日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「実もの」特集です。

実もの

秋と言えば、実もの!お店にも実ものが充実しています。フラワーデザインも実ものが加わると雰囲気がぐっと変わり、この季節ならではのこっくりとしたデザインがたくさん生まれます。オンラインショップも秋のラインアップは独特です。ぜひチェックしてくださいね。
個性的で可愛らしい実ものたちをご紹介していきます。

カラスウリ

カラスウリ

「カラスウリ」ウリ科のつる性植物です。縦に模様の入ったたまご型が可愛らしいです。こちらは色づく前の緑色ですが、熟すとだんだん模様は消えて朱色になります。街中でもよく木からぶら下がっていたりするので、ぜひ上を見上げてみてください。

月桃

月桃の実

「月桃」ショウガ科の常緑性多年草です。最初は緑の実ですが、だんだんと変化して赤茶に色づきます。オリエンタルな感じで雰囲気が良いです。

シンフォリカルポス

シンフォリカルポス チャーミングファンタジー

「シンフォリカルポス チャーミングファンタジー」スイカズラ科の落葉低木です。もちもち感のある1~2cmの小さな実がたくさんついています!チャーミングファンタジーはピンク色ですが、白や赤の実の品種もあります。

トウガラシ コニカルブラック

トウガラシ コニカルブラック

「トウガラシ コニカルブラック」観賞用トウガラシ。トウガラシといえば真っ赤なものを思い浮かべると思いますが、こんなブラックもあります。コニカルはつやつやとした光沢のある大きな実が特徴で、他にオレンジやグリーンもあります。この時期はハロウィンのデザインに大活躍!

ビバーナム・ティナス

ビバーナムティナス

「ビバーナム・ティナス」スイカズラ科の常緑低木です。小さな実がキラキラして宝石みたいで、とても可愛らしいです。フラワーデザインに加えるとシックでおしゃれに仕上がります。時期によって実の色が異なり、夏~秋頃はパープルで、秋冬にかけてブルーが濃くなるそうです。

実もの特集でした。今は店頭に実ものがたくさん並んでいますので、ぜひ覗いてみてください。お花ももちろんきれいですが、実ものを見ると多種多様な形になんだかワクワクします!


「ダリア」の品種紹介 -3-

2020年10月5日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「ダリア」(Part.3)です。

ダリア

早くもダリアの第三弾。秋のダリアはより一層綺麗です。ちなみに、ダリアの花言葉には「優雅」「気品」などがあります。今回も、小輪から大輪までどんどん紹介していきます。

サックルアプリコット

ダリア サックルアプリコット

「サックルアプリコット」まずは暖色系から。中心だけイエローになっているのが、とってもキュート!小ぶりのかわいらしいダリアです。つぼみ付き。

朱鞠

ダリア 朱鞠

「朱鞠」赤の華やかさは格別です。中心部分との色のコントラストもよいですね。

なっちゃん

ダリア なっちゃん

「なっちゃん」オレンジ色のボール咲き。あだ名が“なっちゃん”の方にプレゼントしたくなります。

ハマリローズ/みっちゃん

ダリア ハマリローズ みっちゃん

下「ハマリローズ」上「みっちゃん」ピンク系の2種類です。こちらもボール咲きです。~ちゃんのシリーズは、なっちゃん、みっちゃんの他にもあるようです!

海王星

ダリア 海王星

「海王星」希少な品種。花びらの外側が赤紫で内側がベージュのような色合い。神秘的なその美しさに海王星という呼び名がぴったり。

ソンブレロ

ダリア ソンブレロ

「ソンブレロ」深みのあるボルドー。だめ息がでるような美しい色です。フォーマルデコラ咲き。

いかがでしたか。第一弾、第二弾の記事もぜひご覧くださいね。次回のダリアもお楽しみに。

>>前回のダリアの紹介記事はこちら

 

 

 

 


「バラ」の品種紹介 -2-

2020年9月15日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「バラ」(SPバラ)です。

バラ

毎回の仕入れで必ず入荷する花といえば、バラです。本日は、スプレータイプ(スプレーバラ)を一気にご紹介します。スプレーバラは、1本から枝分かれして花がたくさんついています。切り分けてデザインすることもできるので、アレンジメントには欠かせない存在です。

まずはピンク系から。

メナージュピンク

スプレーバラ メナージュピンク

「メナージュピンク」とてもナチュラルな雰囲気で草花という言葉が似合いますね。花びらの先端がとがっています。

カンタータ

スプレーバラ カンタータ

「カンタータ」淡いピンクの優しい色合いです。中心は少し濃いピンクに。

ピンクエコ

スプレーバラ ピンクエコ

「ピンクエコ」中心に少しオレンジが入っています。花びらが開いてくると可愛らしさ倍増です。

花びらの形、咲き方、色の出方などで、こんなにも違いがあるのです。
続いて、かっこいいレッド系。

アンブルジョン

スプレーバラ アンブルジョン

「アンブルジョン」鮮やかな赤。咲いた姿も美しいです。

ガーネットジェム

スプレーバラ ガーネットジェム

「ガーネットジェム」シックな赤色が大人っぽいのですが、形はコロンと丸く可愛いです。

そして複色タイプ。

スパークリンググラフィティ

スプレーバラ スパークリンググラフィティ

「スパークリンググラフィティ」赤紫と白の絞りが素敵。シックです。花によって色の出方が異なるところも魅力的です。

ストロベリーモンローウォーク

スプレーバラ ストロベリーモンローウォーク

「ストロベリーモンローウォーク」白にピンクが混ざったひらひらの花びら。可憐です。

毎回、バイヤーのまっきーが素敵なバラをたくさん連れて帰ってきてくれます。COUNTRY HARVESTでは、店内の一番奥にあるキーパーの中にバラ並んでいるので、チェックしてくださいね。これからもどんどんご紹介していきますので、ぜひお気に入りのバラを見つけてください。

>>前回のバラの記事はこちら


「ケイトウ」の品種紹介 -1-

2020年9月4日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「ケイトウ」です。

ケイトウ(ボンベイ)

ケイトウがSHOPにたくさん並ぶと、秋らしくなってきたなと感じます。ビロードのような光沢や温かみのある質感で、見た目も秋らしいんですよね。
ケイトウはいくつかの種類に分けられ、形が異なります。鶏頭(ケイトウ)の名前のとおり、ニワトリのトサカのような形や、シュッと穂のように伸びている細長いタイプなど。
本日は、カラーパレットのように花色があるボンベイシリーズをご紹介します。

クリスティゴールド

ケイトウ クリスティゴールド

「クリスティゴールド」なんとも輝かしく、秋にぴったりな色です。発色が素晴らしいです。

クリスティピンク/クリスティブラウン

ケイトウ クリスティピンク クリスティブラウン

左「クリスティピンク」右「クリスティブラウン」色違いで並べても良い雰囲気です。一枚目のクリスティゴールドと右のブラウンの色の違い、画面越しでも伝わるでしょうか。絶妙な発色ですね。

クリスティライトピンク

ケイトウ クリスティライトピンク

「クリスティライトピンク」ケイトウというとビビットな色が多いイメージだったのですが、こちらは優しいライトピンク。キュートです。

ブロンズ

ケイトウ ブロンズ

「ブロンズ」重厚感といい光沢感といい、まさにブロンズ。ふちの部分が明るい色でコントラストが魅力的です。

他にもたくさんあります。全部並べてグラデーションを作ってみたい・・・!他の種類のケイトウもまたご紹介していきます。