ブログ

HOME > 「リシアンサス」の品種紹介 -1-
カテゴリー: 品種紹介

「リシアンサス」の品種紹介 -1-

2020年7月10日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「リシアンサス」です。

リシアンサス

別名トルコギキョウ。キキョウとつきますがリンドウ科の植物でキキョウ(キキョウ科)とは関係がないです。リシアンサスも品種改良が盛んで、日本で誕生した品種がたくさんあります。結婚式場などの装花にもよく使われるので、実はよく目にしているお花だと思います。

咲き方もいくつか種類があります。本日の品種は、花びらがフリルのように波打っているボリュームたっぷりなタイプ、フリル咲きです。

NFアッシュ

リシアンサス NFアッシュ

「NFアッシュ」NFとは、ナカソネフリンジの略で、長野県千曲市の中曽根健さんが育種*・開発した品種のことです。中曽根さんは世界中で知られるリシアンサス育種の第一人者です。
アッシュは、ライラックとグリーンの中間のような絶妙な色合い。大輪でゴージャスです。

*育種・・・品種を掛け合わせて新しい品種を生み出すこと。

NFソニック

リシアンサス NFソニック

「NFソニック」こちらも中曽根さんが開発された品種。紫と白のマーブルが素敵です。花びらのフリルが繊細で美しいですね。

アンバーダブルモヒート

リシアンサス アンバーダブルモヒート

「アンバーダブルモヒート」続いてはアンバーシリーズ。アンバーは琥珀のことだそうです。ダブルモヒートは、とても涼しげなライトグリーン。モヒートという爽快感のある名前がぴったりです。

アンバーダブルショコラ

リシアンサス アンバーダブルショコラ

「アンバーダブルショコラ」まるでショコラスイーツ!シックなブラウン系のリシアンサスもおすすめです。明るい色の花にポイントで合わせてもよいですし、シックな色でまとめて大人っぽい花束やアレンジメントにするのも素敵です。

セレブターンレッド

リシアンサス セレブターンレッド

「セレブターンレッド」やさしい赤と白の覆色咲きで気品のある色味です。色違いで「セレブターンブルー」という青系もあります。

リシアンサスは現在300品種ほどあるとのこと。このブログでもコンプリートを目指してがんばります・・・!


「ダリア」の品種紹介 -1-

2020年7月6日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「ダリア」です。

ダリア

名前がピンとこない方も、スタイリッシュで華やかなお花を見れば、見たことあるかも!と思うのではないでしょうか。すっと伸びた茎に大きな花が咲き誇る主役級の存在です。花弁がびっしりと規則正しく並ぶ姿を見ると、自然ってすごいなと思わずにはいられません。。
古風な名前からロマンティックなものまで、様々な品種名もまた魅力的です。

アンティークハミルトン

ダリア アンティークハミルトン

「アンティークハミルトン」オレンジブラウンのような、シックなカラーがかっこいいダリアです。アンティークの名前にふさわしく、いい雰囲気が出ています。

白夜

ダリア 白夜

「白夜」ダリアには漢字二文字の品種名も多くあります。まん丸で真っ白な花が美しいです。小ぶりなところもポイント。

エジンバラ

ダリア エジンバラ

「エジンバラ」名前も色もちょっと個性的。パープルにホワイトの複色がなんとも奥ゆかしく、花火のようにきれいです。

フェスタローズ/ラッテピンク

ダリア ピンク

左「フェスタローズ」右「ラッテピンク」濃いピンクと淡めのピンク。2色並べるとさらに華やかさが増しますね。こちらも丸いフォルムが可愛らしいです。

ダリアは1輪飾るだけでもお部屋が明るくなります。いろいろな品種を仕入れしているので、またご紹介したいと思います。


「バラ」ピンク系の品種紹介 -1-

2020年7月2日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「バラ」(ピンク系)です。

バラ

花の女王とも呼ばれるバラ。色も咲き方も非常に種類が多く、新しい品種も次々と登場します。本日はピンク系の色味からピックアップします。

オール4キュート

バラ オール4キュート

この花、なんだろう?と思う方もいると思います。なんとこちらもバラ。とても特徴的です。名前のとおり花びらがフリフリで可愛らしく、ゴージャス。中心がグリーンでコントラストも素敵です。

スプラッシュセンセーション

スプレーバラ スプラッシュセンセーション

1本に枝分かれして花がたくさんついているスプレータイプです。カップ咲きというコロンとした丸い咲き方。スイーツみたいで可愛いですよね。ピンクの濃さはその時々ですが、アンティーク調のピンクが素敵です。

マジックダンス

スプレーバラ マジックダンス

こちらもスプレータイプで、ピンクにホワイトの絞り模様です。名前のとおりくるくると回ってダンスしているみたい。花束やアレンジメントに入れると、目を引いてポイントになります。ひとつずつは小輪ですがとても華やぎます。

COUNTRY HARVESTでは、いつもたくさんの種類のバラをご用意しています。ぜひ覗いてみてくださいね。


「ヒマワリ」の品種紹介 -1-

2020年6月29日 更新

最近お店にお迎えした生花の名前(品種)をご紹介していきます。
本日は「ヒマワリ」です。

ヒマワリ

夏を象徴するお花“ヒマワリ”。店頭では6月にはヒマワリの切花がたくさん並びます。本当にたくさんの品種があって、どれも可愛らしくてとても選べません・・・。特徴を捉えた名前にも注目です。
毎回いろいろな品種を仕入れているので、これから紹介するヒマワリ以外もたくさんあります。ぜひ、店頭でその日のヒマワリをチェックしてくださいね。

サンリッチマンゴー

ヒマワリ サンリッチマンゴー

「サンリッチマンゴー」たくさんの品種があるサンリッチシリーズ。オレンジやパインなど果物の名前がついています。ヒマワリといえば、まず「黄色」が思い浮かびますよね。こちらは、マンゴーということでオレンジ色に近い花色です。

サマーサンリッチレモン

ヒマワリ サマーサンリッチレモン

「サマーサンリッチレモン」こちらもサンリッチシリーズ。花びらは明るい黄色で、まさにレモンイエローです。レモンの酸味が伝わってきそうなフレッシュ感があります。

レモネード

ヒマワリ レモネード

「レモネード」夏のレモネード、想像するだけで爽やかな気持ちなりますよね。弾けるようなレモン色の花びらが可愛らしいです。芯の部分が緑色なので、より明るい印象です。

ホワイトナイト

ヒマワリ ホワイトナイト

「ホワイトナイト」以前バイヤーのイチオシとして紹介しましたが、花びらがホワイトに近いイエローのヒマワリです!芯の黒い部分とのコントラストも印象的。お花は小ぶりです。

テディベア

ヒマワリ テディベア

「テディベア」最後に、なんと、こちらもヒマワリなんです。細かい花びらがびっしりの八重咲です。もこもこした様子がぬいぐるみのようで可愛らしいです。

いかがでしたか。このほかにも、ゴッホやモネなど画家の名前がついた品種や茶色のヒマワリもあります。ぜひ、お気に入りのヒマワリを見つけてください。